今、歯並びの矯正がおすすめ

subpage1

昔から虫歯や歯槽膿漏の原因として歯並びの悪さがあげられています。
つまり歯並びを矯正するだけでも虫歯の予防ができることや歯槽膿漏に対する抵抗力をつけることができることが知られています。


昨今、多くの歯医者など医療機関では、的確な歯並び矯正治療を施すことができるようになってきています。



このように歯並び矯正治療中に二次疾患として合併症を患うことは非常にまれだとも言われています。
しかし、まだこういった治療は完全ではありません。
矯正治療を含むすべての施術には限界もありますし、リスクもゼロではありません。

そんな考え方を念頭において矯正治療をすすめていかなければならないのです。
また報告されている症例の中には、治療中に歯根吸収や歯肉炎などがあります。歯が癒着nためにまったく動かなかったこともあるようです。

Girls Channel情報サイトです。

後処理が不十分な場合には、治療後の整った歯並びも元に戻ることさえあるようです。

これから治療を考えておられる方に知っておいてほしいリスクがあります。
それは、まず糖分です。

糖分には十分に注意しないと虫歯や歯周病の発生につながることさえあります。



また歯を直接支えている歯槽骨などの骨や歯肉の状態はどうでしょうか。


健康な状態でない場合には、周囲の組織は影響を受ける可能性があります。


やはり歯並びの改善や口腔内の清掃はとても重要な要素になります。毎日の口腔内の清掃(歯磨き)を怠ると、せっかくの治療効果が無駄になりますし、歯周組織の状態も悪化することが考えられます。

口腔内の状態は、全体が一つとしてつながっているため歯並びなどの治療はおろそかにしてはならないのです。

知っておきたい常識

subpage2

多くのクリニックにて内科の診療を行っていることを示す標榜が行われていますが、他の診療科目と合わせて標榜しているところがほとんどで、実際に診察を受けると様々な病気に対応してくれることが多くなっています。風邪をひいてしまった時やなんとなく体調が悪いといった時、頭痛や肩こりなどがある、軽いけがなどをした時でも内科で初期の対応をしてもらうことは可能です。...

next

驚く情報

subpage3

天候や季節によって頭痛がする方や特に緊張しているわけでもないのに頭痛がする方など現代人は頭痛に悩まされている方が多いとされています。患部を温める、冷やす、頭痛薬を飲むなどで改善する場合もありますが吐き気がする程の痛みや横になっても治まらないなどの痛みがある場合におすすめなのが頭痛外来です。...

next

ためになる歯科

subpage4

最近では、日本でも「予防歯科」の概念が広く知られるようになり、多くの人が実践しています。予防歯科は、欧米などでは昔から定期的に健診を受けることが習慣となっていて、日頃からの健康な歯づくりが重要視されています。...

next

歯科について思うこと

subpage5

皮膚科を有している病院では、私たちの皮膚に関するさまざまなことに対応してくれます。しかし、私たちはそのような事実を知らないまま日常生活を送っている可能性が大いにあります。...

next